小さな板倉の家
43年生のヒノキ。伊勢市横輪町にある父が植林した山の木を我家の一部に使うためには、伐り旬の2月中くらいには間伐したいと考えたのが1月のおわりであった。設計はそこそこに、急きょいつもお願いする山師さんを頼んだが、一番忙しい時期だけに3月はじめの伐採となったのだ。
c0126684_1084323.jpg

[PR]
# by tukuruken | 2008-05-29 12:33 | 現場レポート
外壁の一斗缶張り
使い終わった一斗缶にはいろんなその後の利用方法があったものだ。モノを入れることは当たり前で、穴を開けて簡易焼却炉とか、切り欠いて塵取り、取っ手を付けてバケツなど。建築の独立基礎の型枠にも使われていたものだ。一斗缶は汎用品として優れていた。
宮崎県美々津でみつけた外壁の一斗缶張り、これは始めて見る。建築材料の基本は「そこで大量に手に入るモノ」。今時のポリタンクには出来ない芸当だ。
c0126684_13453188.jpg

[PR]
# by tukuruken | 2008-05-28 19:37 | 汎用品
小さな板倉の家
築45年の我家は、いよいよ水回りがダメになって来たことをきっかけに、前からあたためて来た構想、「小さな家の新築」を決心した。実はこの決心は去年の暮れであって、この5ヶ月の間に材料集めと設計をまったく同時に進めて来たのだ。
写真は速水林業の土場。今年の1月、切り旬のヒノキの地棟と数本の梁材を調達。
c0126684_9123822.jpg
末口1尺2寸、長さ10m。丸太は径の小さい方の直径の2乗に長さを掛けた体積で値段が決まる。
c0126684_9124979.jpg
地棟には6本の登り合掌梁を架かけようと思っているので、この中から選んでもらうことにした。
c0126684_913060.jpg

[PR]
# by tukuruken | 2008-05-28 09:42 | 現場レポート
木の精油
上からアカマツ、スギ、ホワイトウッド、アカマツ、スギ、ホワイト。3センチ角の木杭をシロアリの巣の近くに3ヶ月間埋め、その食害を実験したもの。それぞれ乾燥方法を変えて実験した結果、見ての通りホワイトウッド(中温乾燥)は埋めた部分がなくなってしまっている。アカマツ(生材)も半分以上食われてしまった。
c0126684_11516100.jpg

スギ天然乾燥材と高温乾燥材での試験体はそれぞれ平均食害度は約0.2と0.4でほとんど食われていない。それはスギのもっているこの精油がシロアリや腐朽菌を寄せつけない成分を持っているため。
宮崎県木材利用技術センターで研究されているのだ。
c0126684_1152663.jpg

[PR]
# by tukuruken | 2008-05-24 09:41 | みえ木造塾
宮崎県木材利用技術センター
広大なこの施設はすべて木造で、飫肥(オビ)スギをさまざまな形で構造体や仕上材に使用している。スギや木の性質を注意深く配慮しながら設計されているのが、ディテールの端々に見て取れる。アルセッド建築研究所による非常に丁寧な設計で感心してしまった。
c0126684_1145174.jpg
ここでは、木に関するさまざまな実験、研究がなされている。これはクリープ実験。荷重を受け続ける木材が長期に渡ってどのように変形するかを実験している。一つの実験に5年以上かかるそうだ。
c0126684_11453271.jpg
さまざまな仕口、継手の強度や破壊性状の試験。このような木造の基礎実験が始まったのはごく最近のことなのだ。
c0126684_11454890.jpg

[PR]
# by tukuruken | 2008-05-23 11:10 | みえ木造塾
日向市駅
有馬先生をたづねるのに前もってJR日向市駅にやって来た。
日向市駅は内藤廣氏の設計で、スギの集製材を使ったすごく美しい駅舎だ。そして、このスギの使用には有馬先生も関わっている。
c0126684_10404363.jpg

[PR]
# by tukuruken | 2008-05-22 11:02 | みえ木造塾
有馬先生
みえ木造塾2008の第2回に来て下さる有馬孝禮先生をたづねて、宮崎県都城市にある宮崎県木材利用技術センターに行って来た。
有馬先生率いるこのセンターでは、宮崎の飫肥杉(オビスギ)を徹底的に研究している。
正直、九州のスギなど目が荒すぎて見るに耐えないし、使えない代物と決め込んでいたのだが、ここに来て目がさめる思いがした。
c0126684_10264024.jpg

[PR]
# by tukuruken | 2008-05-21 10:37 | みえ木造塾
現場レポート
松阪市、N邸。
床フローリングの施工をしているところです。材料は中国産サクラの無垢材で、最近のつくる研究所の定番品です。梅雨どきと乾燥する冬場での木の延び縮みを考えて、挟みものをしながら張っています。
床は家の中で一番身体に触れる所で、使用するモノによって体感的にいろいろな印象を持ちうる重要な場所です。素足で歩いたり、直に座ったり寝転がったりする日本の家では、適度な柔らかさ、あたたかさと同時に、傷がつきにくい適度な堅さも必要ですし、湿度の多い季節もべた付かないサラット感など多くの性能が同時に要求されます。
c0126684_1743045.jpg

[PR]
# by tukuruken | 2008-05-10 17:05 | 現場レポート
「三重の木」モデルの家
今年度も「三重の木」認証材を使った家の補助金制度が始まりました。今年度中に「三重の木」を使った家に対して30万円(ただし300件まで)の補助金がもらえます。
詳しくはここ。
今年度は「三重の木」モデルの家ということで、ただ木を沢山使用するだけでなく、「三重の木」の魅力を十分感じられる家づくりが奨励されています。
また、「提案型」ということで、20戸分第1期〜第3期分とは別に、「三重の木」モデルの家で建てる建築主を別途募集します。認証事業者による家づくりのプレゼンテーションを実施する予定です。
c0126684_16205366.jpg

[PR]
# by tukuruken | 2008-05-01 16:18 | 日記
ルーペ
左から「MITSUBISHI PENCIL MYLUPE」
なぜか伊豆の長八美術館の札がついている。大きくて持ちやすく、カタログの細かい字など主に文字を判読するのに20年以上愛用している。
まん中「FAMILY HF54 2*」
照明付き。ボクの師が大判カメラのファインダーを覗く時に使っていたものと同じもの。カッチリしたデザインが気に入っている。電池交換などのハードな部分まで行き届いた設計は秀逸だと思う。
「HAKUBA ACLUPE 7*」
これもカメラ用品だが、もっぱらいろいろな工業製品、木材、植物、鉱物などのディテールの観察に使用。
どのルーペも結構使用頻度があるのだ。
c0126684_1871752.jpg

[PR]
# by tukuruken | 2008-04-23 13:08 | 道具考



人類の「ツクル」を多角的に研究する日記
by tukuruken