松阪市N邸
アプローチの階段を施工しているところ。道路から玄関まで引きがないので、大谷石による階段に割石を組み合わせて床面が単純にならないような計算なのです。
c0126684_17485484.jpg
大谷石は五十石という規格寸法(幅300*高さ150*長さ900)があり、そのまま加工無しで階段にちょうどいいのです。すこし間をあけて割石を敷いているところ。端は石の側面を積み上げたように見せる「コバ積み」にしてもらいました。
c0126684_1749655.jpg

[PR]
by tukuruken | 2008-07-20 09:41 | 現場レポート
<< 「すまいの学校」開催します 小さな板倉の家 >>



人類の「ツクル」を多角的に研究する日記
by tukuruken