松阪市N邸
浴室は壁、天井にサワラを張りました。床、腰壁はつくる研究所定番の磁器タイル貼りです。浴室に木を使うと結露が非常に少なくなります。将来に渡って修理がきくように考えるとこういう選択になります。今はユニットバス全盛ですが、壊れたときに部品がないと浴室ごと全交換になってしまいます。メーカー部品の在庫は普通10年程度なのです。
c0126684_9533619.jpg

[PR]
by tukuruken | 2008-07-17 10:04 | 現場レポート
<< 松阪市N邸 みえ木造塾第2回 >>



人類の「ツクル」を多角的に研究する日記
by tukuruken