木の測定機器
測定機器そろいぶみ。黄色の機械は菊川鉄工の扱うオーストリア製の木材水分計HM-8。メーター付きのものは木材水分計DELTA-200XLです。左端は宮崎建築の所有でもう1台はみえ木造塾所有、メーターは江戸屋製材の所有です。8/22記事の私の所有のケット科学MOCO-2との3種類が現在住木センター認定品になっています。
右の黒いのはWOODY君。木材のヤング率を計測する機械でみえ木造塾所有です。下の体重計はヤング測定に使用します。
いずれの測定器も木造関係者のだれもが持っている訳ではありません。現状はまだまだなのです。
c0126684_105542100.jpg
運営委員が集まって次回の木造塾、実大実験用の材木の基礎データを測定しました。
c0126684_10555489.jpg
WOODY君を木口にあてがって、反対から金槌で叩くと音の伝搬速度でヤング率が計測できます。これで木材1本づつの強度が分り、勘や経験に頼っていた木造の梁などの強度が構造計算で出す事ができるのです。
c0126684_1056856.jpg

[PR]
by tukuruken | 2007-09-02 10:56 | 道具考
<< みえ木造塾第4回 現場レポート >>



人類の「ツクル」を多角的に研究する日記
by tukuruken