根継ぎ
古くなって足元が腐ってしまった数寄屋門の柱の根継ぎをしました。
ジャッキで5センチほど揚げ、新しいヒノキの赤身材を「尻はさみ継ぎ」しました。
柱の最下部はケヤキ赤身材です。
この門は築50年ほどということ。木ってすごい。
c0126684_8315591.jpg

[PR]
# by tukuruken | 2011-12-29 08:31
エポキシ鉄筋
I邸
基礎配筋に初めて使ってみました。多くの土木工事で実績があります。
鉄筋コンクリートの寿命を延ばす確実な方法だと思います。
なんかかわいい基礎になりました。
c0126684_8201322.jpg

[PR]
# by tukuruken | 2011-12-29 08:14 | 現場レポート
我が家のかまどストーブに火を入れました。

[PR]
# by tukuruken | 2011-12-10 08:31 | 日記
HPリニューアル
長いことブログの更新をさぼってしまいました。
この度、HP更新と共にブログの再開をします。
[PR]
# by tukuruken | 2011-12-09 08:56 | 日記
小さな板倉の家
7/7、いよいよ着工。スエーデン式サウンディング試験。木造塾でいっしょの宮崎建築宮崎さんは結構な道具フェチで、サウンディングマシンを自前で持っている。それを借りて自前の地盤調査をはじめて決行。地盤調査はいつも立合っているので要領は分っているが、自分達でやってみると結構しんどいのだ。結果は少し自沈層が確認されたものの、おおむね予想通りであった。
c0126684_17382568.jpg

[PR]
# by tukuruken | 2009-01-09 17:43 | 現場レポート
セミナー開催
楽しい家づくりセミナー2008、第1回「はじめの一歩」を開催しました。今年で3年目、少しだけ実績が出て来た感触があります。今回は10名の参加者でメンバーの宮原さん、宮崎さん、大森さんのミニ講座、一昨年の参加者で実際に木の家を建てられたOB、Sさんの体験談も熱心に聞いて下さいました。伊勢新聞、中日新聞の取材もあり、まずまずの出だしです。次回は10/5(日)で伊勢市内の完成した木の魅力たっぷりの住宅と上棟したばかりの我家、「小さな板倉の家」の構造見学をしていただきます。
こちらにレポートがありますよ。
c0126684_1812891.jpg

[PR]
# by tukuruken | 2008-09-29 18:01 | 楽家セミナー
木の家に興味、関心のある方へ
「楽しい木の家づくりセミナー2008」今年で、はや3年目です。
今年の見学会(第2回)は伊勢で、「小さな板倉の家」の構造見学も行う予定です。
 第1回「はじめの一歩」   日時9月28日(日)
 第2回「木の家を見よう!」 日時10月5日(日)
 第3回「山へ行こう!」   日時11月15日(土)
【応募要項】詳しくはこちら
対象近い将来、木の家を建てようと考えている人(ご家族での参加も歓迎!)
定員20名程度
参加費3回で3,000円(一家族)
募集期間8月11日(月)〜9月20日(土)
主催
東紀州・尾鷲ひのきの会
みえ木造塾有志
c0126684_160517.jpg

[PR]
# by tukuruken | 2008-08-28 07:41 | 楽家セミナー
松阪市N邸
外構工事も終わり、ついに竣工しました。写真は曇りの夕方にとったので画像が少々荒れてしまいました。秋になって植木をしてもらったら改めて竣工写真を撮らせていただく予定です。
c0126684_1443296.jpg
玉石の擁壁の上には軽いスギ板の塀、高さがあまりないコンクリート擁壁の上には漆喰塗りの塀を建て、上部笠木にイブシ瓦を乗せています。
c0126684_1444826.jpg
敷地は周囲からすごくよく見える位置で、しかも景観保全地区なのです。
c0126684_14504.jpg

[PR]
# by tukuruken | 2008-08-25 14:11 | 現場レポート
小さな板倉の家
4/18、横輪山で間伐をしたヒノキ材を製材所で賃挽きしてもらった。
c0126684_19122858.jpg
横輪山で2番目に太かった木を大黒柱にすることにした。少々細いが、我家の山の木なので仕方ない。松下製材の若社長、ヒロ君に皮を剥いてもらっているところ。若いのに手慣れたもんだ。
c0126684_1913447.jpg

[PR]
# by tukuruken | 2008-08-12 09:13 | 現場レポート
松阪市N邸
外構工事ができて来ました。既存の擁壁の上に塀をつくりました。写真奥のコンクリート擁壁の上はブロックで積み漆喰で仕上げます。手前の玉石の上はなるべく軽くするためにスギ板塀にする事にしました。
c0126684_1854529.jpg
笠木に角桟伏間瓦を載せた簡素なつくりです。スギ板は実(サネ)をつけずに張っています。笠木がスギ板の壁よりほんの少し出ているだけでも相当雨仕舞いがよくなります。
c0126684_18541823.jpg

[PR]
# by tukuruken | 2008-08-10 19:02 | 現場レポート



人類の「ツクル」を多角的に研究する日記
by tukuruken