カテゴリ:日記( 54 )
土塀
小俣町浄土寺で土塀の塗り直しをやっていました。
どうするのか直していた左官職人さんに聞いたら「モルタル塗るしかないか」って。
えっ本当???
c0126684_16315731.jpg

[PR]
by tukuruken | 2007-08-25 16:36 | 日記
暑い!
c0126684_16111748.jpg
見よ!日本列島が真っ赤。多治見で40.9℃、日本記録更新だそうだ。
今日は伊勢でも37℃。暑い!
[PR]
by tukuruken | 2007-08-16 16:18 | 日記
熱中症
日本国内でも過去10年間の熱中症による死亡者数は2倍以上に増加しているらしい。
今年もヨーロッパでは猛暑で何百人もの人が死亡し、2万人くらいの人が病院に運ばれたりしているらしい。2002年にヨーロッパに行った時に飛行機から見た洪水を思い出した。空から見てものすごく広範囲に地上が水浸し、水の中に建物が建っていた。
その頃は「異常気象かも」と思っていたが、たった5年後の今は世界中が異常を認めている。さらに5年後にはどうなっているのだろうか?
[PR]
by tukuruken | 2007-08-13 11:50 | 日記
なぜ「木」にこだわるか。
c0126684_18244393.jpg志摩市磯部町三ケ所の船桟橋。
デッキ材はスギ。どのくらいもつのか持ち主のキタさんに聞いてみると、15年くらいはもつと言っていました。スギ赤身ですか?と聞くと、そんな高価な(高価でも無いが)ものでなく、やすい物だとの事。
部分補修をしていくと強いものが残っていくという、あたりまえだが経験に裏付けられた言葉に納得。
海辺なので潮や波にさらされ、日光も強く、かなり過酷な条件にもかかわらず、ここでも木は、鉄やプラスチックに代替えできない材料である。
かつて木造船もスギで造られていたのです。
[PR]
by tukuruken | 2007-08-09 18:25 | 日記
みえ木造塾第3回
c0126684_15192670.jpg
c0126684_15563959.jpg
みえ木造塾第3回は「越後に生きる家をつくる会」の村尾欣一氏に講演いただきました。
静かな語り口ながら、話される内容は鮮烈で情熱的、氏の仕事を新潟まで見せてもらいに行った時の感激、感動が蘇りました。「木を中心に」した時に現代の常識などに替って現れる本当の道理があるのだと言う事を伝えていただきました。
c0126684_15194328.jpg
熱い講演の後は、お決まりの「みえ木造塾ヤキニク懇親会」。どんなに著名な先生でも、この松阪で一番ばっちいお店におつれします。
c0126684_15195680.jpg
「ヤキニク懇親会」はこんな感じ。実行委員だけでなく、飛び入り参加できます。
この第2講演会が楽しいのだ!
[PR]
by tukuruken | 2007-08-05 15:48 | 日記
梅雨あけ
c0126684_18395620.jpg
梅雨あけの宮川の風景。
[PR]
by tukuruken | 2007-08-03 18:43 | 日記
職業体験
c0126684_15595315.jpg
今日で職業体験は終わり。
田端君、石井君の今日の体験は「曲尺(さしがね)で作る本立て」です。
二人ともまあ75点かな?
[PR]
by tukuruken | 2007-08-03 16:04 | 日記
白熱電球の危機である
家電メーカーが、白熱電球から電球型蛍光灯への転換を進めているらしい。
6月に東京都が家庭からの「白熱球一掃作戦」を打ち出した。
オーストラリア政府もこれから徐々に廃止していくらしい。
白熱電球の危機である。
確かに、温暖化への対策は待ったを許さない。出来る所から始める必要が急務である。
白熱電球派の私としても、情緒ばかり語っていてはいけないと思っている。
しかし、なにか気に入らないのである。
家庭で消費される電力の25%がエアコン、16%が冷蔵庫、同じく16%が照明で、テレビが10%である。飽和状態といわれながらまだ増えつずける家電製品。今や携帯同様、一人1台パーソナルエアコン、テレビの時代。ちょい便利なだけで増え続ける待機電流はテレビと同じ10%だそうだ。そしてオール電化へ。
家電メーカーがすすめる蛍光灯への転換も、はたして廃棄や製造エネルギーまで考えてあるのかどうか?
なにかが、気に入らないのだ。
[PR]
by tukuruken | 2007-08-03 09:33 | 日記
中学生、職業体験
c0126684_1583270.jpg
















c0126684_1584792.jpg今年も中学生の職業体験を受け入れました。上の写真右から大工さん志望の田端君、まだ何になりたいか分らない石井君、監督の杉原君。二人は中2。
下は地元の松下製材。社長に製材の機械の説明をしてもらっている所。
職業体験を受け入れは今年で3年目。職業体験はお店とか介護の体験が多いそうで、こういう建築現場体験はあまり無いようです。
最近は、お父さんの職業も見えにくい時代だし、たった3日間の体験でも、普段あまり見たことの無い建築現場などで得た体験の何かが残ってくれればと思います。
[PR]
by tukuruken | 2007-08-02 15:20 | 日記
今朝、今夏はじめて出合いました
c0126684_1053299.jpg例年なら梅雨になると我が家の庭では、嫌になるほどのカエルの合唱が聴けるのですが、今年はなぜか全然鳴きません。
昨年、下水道工事が行われた事と、裏の田んぼが一枚埋め立てられた事に関係していると思っています。
カエルの姿も見かける事がなかったのですが、今朝はじめて出合いました。
この前の夜は、秋の虫の声のような鳴き声が聞こえました。
なにか異変が起きている様子です。
[PR]
by tukuruken | 2007-07-29 11:01 | 日記



人類の「ツクル」を多角的に研究する日記
by tukuruken
link
カテゴリ
全体
日記
建築
道具考
現場レポート
汎用品
みえ木造塾
楽家セミナー
タグ
以前の記事
2011年 12月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧