小さな板倉の家
3月7日、印を付けた横輪山の木を伐採している様子。1ヶ月葉枯らしにしてから製材する予定。今日は印を付けた23本だけの伐採のため3人で1日で終わってしまった。この23本は4mと3mで切って出すので合計46本の柱材や母屋材、大引材がとれるのだ。さらに後日、100本ほどの間伐を依頼している。
c0126684_17465179.jpg
若木とはいえ、まあまあの目の込みぐあいだと思う。赤身の張り方はこの程度。角材に製材しても元(木の根元)にも白太が入ってしまう。だから地面に近い1階の柱にはせず、2階に使用するのだ。
c0126684_174736.jpg

[PR]
by tukuruken | 2008-07-02 17:57 | 現場レポート
<< 小さな板倉の家 松阪市N邸 >>



人類の「ツクル」を多角的に研究する日記
by tukuruken
link
カテゴリ
全体
日記
建築
道具考
現場レポート
汎用品
みえ木造塾
楽家セミナー
タグ
以前の記事
2011年 12月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧