枕木
JRなどの鉄道で使用される枕木はおよそ10〜15年ほどで取り替えられる。役割を終えた枕木は中古として以前は保線区などに行けば非常に安く売ってもらえたのだが、現在では枕木製造メーカーなどがこれを引き取ってリサイクルしたりチップにしたりしている。
もともと栗材などの非常に腐りにくい樹種を使用しているため、中古でもぜんぜん腐っていないものがたくさんある。私の会社のアプローチなどでコンクリートに半分埋込んだり地面に直に埋めたりして使って10年経つが、さらに10年くらいはいけそうだ。
最近はホームセンターなどでガーデニング用のカラマツの枕木が売っているが、あれはダメだと思う。
c0126684_10343332.jpg

[PR]
by tukuruken | 2008-02-20 12:09 | 日記
<< 淡路瓦と左官職人 現場レポート >>



人類の「ツクル」を多角的に研究する日記
by tukuruken
link
カテゴリ
全体
日記
建築
道具考
現場レポート
汎用品
みえ木造塾
楽家セミナー
タグ
以前の記事
2011年 12月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧